日本の野草図鑑~懐かしい草花~

日本の野草図鑑~懐かしい草花~

自然育ちの私が好きな野草や花卉、野菜について語っています。

ボントクタデ(タデ科)

ヤナギタデによく似ているがこちらのほうが赤みがありイヌタデやミズヒキに似ている。イヌタデと同様に辛みがないらしい(ヤナギタデは辛みがある)。名前はイヌタデと同様に絡みがないことから役に立たないという意味で「ボントク」をつけたらしい。その花は小さいが非常にかわいらしい。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

 

シャクチリソバ(タデ科)

これまたソバに似たきれいな花が咲いていた。シャクチリソバといい漢名の「赤地利蕎麦」に由来するらしいがなぜ赤地利かは分からないそう。シュッコンソバとも。花はソバそのものだが実は食用に適さないそう。ハート形の特徴的な葉は若葉が食用になるそう。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

ミゾソバ(タデ科)

とてもかわいらしいピンク色の花が日陰の湿地帯に咲いていた。その名の通り溝などの水辺に生えるソバの仲間で花もそっくりだ。昔は食料が足りない時の貴重な食料になっていたそう。葉の形から「牛の額」とも呼ばれる。石田散薬という薬の原料としても有名。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

ashito2.hatenadiary.com

タマスダレ(ヒガンバナ科)


f:id:Ashito:20220923103455j:image

タマスダレの花がひっそりと咲いていた。名前は花を玉に、細長い葉を簾に見立てているらしい。ゼフィランサスとも。雨の後に一斉に花が咲くことからレインリリーという総称で呼ばれることもあるらしい。真っ白で艶のある花弁がとても美しい。同時期に咲く真っ赤なヒガンバナとは同じ科であるが全く違った雰囲気である。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

 

 

 

ヒカゲイノコヅチ(ヒユ科)

名前は茎の節が猪子の膝のように膨らみそれを槌に見立てたことから。日陰に生えるヒカゲイノコヅチと日向に生えるヒナタイノコヅチがある。薬用や食用に用いられたこともあるそう。地味な花だが暗い林床に長い花穂が目立っていた。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

 

セイバンモロコシ(イネ科)

よくみられる大型のイネ科の雑草。日本全国に広く分布し繁殖力が強くススキなどの在来種や農作物への影響が懸念されている厄介な奴。葉は厚くしっかりしておりトウモロコシにも似ている。若葉に青酸が含まれるため牧草にも向かないらしい。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

 

 

アフリカホウセンカ(ツリフネソウ科)

インパチェンスのきれいな花が咲いていた。その名の通りアフリカ原産のホウセンカの仲間で、花や葉の形に類似点があるように思われる。花だけ見るとニチニチソウにも似ている。観賞用の他にエディブルフラワーとして用いられる食用のものもあるそう。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

 

ヌルデ(ウルシ科)

ヌルデがあちこちで葉を伸ばしている。名前はかつて幹を傷つけると出てくる汁を塗料に用いたことから。ウルシやハゼノキのようにかぶれる人もいるため触らない方がよい。葉のぶつぶつは虫えいでヌルデハイボケフシ(ヌルデ葉イボ毛フシ)と呼ばれ、タンニンが豊富で染めものなどに利用される。また、実は薬用に用いられるなど見た目は気持ち悪いが人間の生活の役に立つ植物である。ハゼノキ同様紅葉も美しい。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

 

 

カゼクサ(イネ科)




大きなイネ科の雑草が花を咲かせていた。カゼクサと言い、風向きを知ることができるという意味の中国名・知風草から来ているそう。特に特徴の無い雑草だが、名前はちょっとおしゃれだ。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

 

シマスズメノヒエ(イネ科)

雑草としてよく見かける草。名前はヒエより小さく小笠原諸島で発見された、または縞模様に見えることから。黒いしべの部分が虫のように多足の見えてたまにゾッとしてしまう。家畜が好んで食べ牧草として利用されることもある。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

 

 

ヒガンバナ(ヒガンバナ科)

曼珠沙華リコリスラジアータとも。雑草の中でも特に目立ち広く知られている。水田の畦に生えた彼岸花は日本の原風景、秋の風物詩となっている。その名の通り毎年きっちり彼岸の頃に花を咲かせる。鱗茎には強い毒性がありこれによりモグラなどを追い払うために水田の畦に植えられたと言われている。適切に処理することで食用や薬用に用いることができる。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

 

 

キンランジソ(シソ科)

ニシキジソ、コリウスとも。名前は美しい葉の色から。花もシソ科らしくてかわいらしいが花の無い時期でもその鮮やかで美しい葉で人々を楽しませてくれる。写真は割とシンプルな色のものだが、様々な色が混ざり合ったり模様が入ったりしているものもある。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

 

クササンタンカ(アカネ科)

ペンタスとも。星のような形の花がたくさん咲いていて星空のようだ。色も3色ありとてもかわいらしい。名前は花の付き方が山丹花という花に似ていることから名付けられたそう。紫もあるそうなのでいつか見てみたい。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

 

セイヨウフウチョウソウ(フウチョウソウ科)

クレオメとも。この時期あちこちできれいな花を咲かせている。とても長い雄しべとそれと似た果実が特徴的だ。花の形はハクチョウソウにも似ているように思っていたが、フウチョウソウの名は風に舞う蝶に見えることに由来しているらしい。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com

 

 

 

メドハギ(マメ科)

メドハギが元気よく伸びていた。ぱっと見花が咲いているように見えないがよく見ると小さなマメ科らしい花が咲いている。名前は「めどき」と呼ばれる占いに使ったことに由来するそう。花は小さいがハギそのものでかわいらしい。全体の草型はハギとはかなり異なるようだ。薬用にも用いられるそう。

 

~こちらの記事もおすすめ~

ashito2.hatenadiary.com